<   2010年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Patisserie ANANDA

大宇陀の古風な町屋街にあるモダンなパティスリー。

重要伝統的建造物群保存地区になってるとこの古い町並の中にある。

ケーキは美味しかったし、天然酵母のパンはどれも拘りの品々。

もちもちのパンがあったり、サクサクのクロワッサンがあったり。

この土地この場所でやってるってのがよくて、見に行くだけでも結構楽しい!!


Patisserie ANANDA フランス菓子とパンの店 アナンダ

奈良県宇陀市 旧松山街道の町屋の中

f0177489_075253.jpg


f0177489_081651.jpg


f0177489_0829100.jpg


f0177489_08405.jpg
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-20 00:08 | Gourmet

帰国

6/10 Thursday

いよいよ帰国。

約3週間だから十分長いはずなんだけど、いつもアっという間という感じ。

15時過ぎの便なので朝はゆっくりして昼前ナポリを出発。

f0177489_1563439.jpg
テルミニ駅からそのまま空港へ。


f0177489_1564571.jpg
フィウミチーノ空港で。
鉄火巻き = PHILADELPHIA ROLL


f0177489_1565735.jpg
ローマ出発。


f0177489_157873.jpg
エーゲ海上空飛行中。


f0177489_1571967.jpg
ミコノス島。奥にかすかに見えるのはサントリーニ島。(たぶん)


f0177489_1572846.jpg
機内食。


f0177489_1573890.jpg
デザートも。


f0177489_1574876.jpg
東に向かってるので一気に夕暮れに。


f0177489_1575945.jpg
ドバイ到着。約3時間のトランジット。


f0177489_158982.jpg
今度は一気に陽が明ける。

ドバイからの便は一番後ろの方が空いてたのでキープして横になれたので関空までゆっくりと。。。

欧州アドリア海岸の旅が終了。
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-17 15:23 | EuroAdriansea -2010-

ナポリ -Napoli-

6/9 Wednesday

明日のローマからの帰国に備えて今日はナポリまでの移動。

そのままローマまで行っちゃってもよかったんだけどローマは何度も行ってるのと

ナポリでも以前に行った場所でもう一度行ってみたい場所があってナポリへ。

マテーラからはバスの方が安くて早いんだけど、

やはりどっちかと言うとバスより電車の旅が好きなのでゆったりと電車移動。

バーリで切符を買ってると、ドブロブニクからの船で一緒だった日本人女子2人とバッタリ再会。

船で話してたんだけどザグレブからクロアチアを南下してイタリア渡ってローマから帰るっていう

全く同じようなルートで旅してて、日程もほぼ同じでクロアチア内でもどこかでニアミスしてたのかも。

話をしてると、エジプト・チュニジア・トルコ・・・自分の行きたいと思ってる所に

その人たちは行ってて刺激を受ける!!

まあこの先当分はないつもりだけど。。。

そんなこんなで彼女たちはローマまでだけど自分はナポリへ向かうため途中Casertaで下車。

Reggionale(普通列車)に乗り換えてナポリへ。

欧州で一番治安が悪い場所の一つと名高いナポリに到着。

宿に荷物を置いて目的の場所『卵城』へ。

バスで行ったけど途中何かのデモかなんかで交通がマヒしてて全然進まずみんなバス降りだしたので自分も降りて徒歩で向かう。

卵城、ここから眺めるサンタルチアがとてもよかった9年前の記憶があったので来てみたけど

今や残念ながらそこまでの感動はない。。。と、言うかごくフツーの景色に感じる。

前回来てから色々な場所へ行ってるからな、特にここ最近。

まあそれだけよい場所へ行ってると言う事なので。。。

帰りはちょっと遠いけどのんびりナポリの街の中を歩いて帰路へ。

f0177489_16385014.jpg
卵城


f0177489_1639596.jpg
卵城から眺めるサンタルチア


f0177489_16391677.jpg


f0177489_16392688.jpg


f0177489_16393543.jpg


f0177489_16394669.jpg


f0177489_1640078.jpg


f0177489_1640971.jpg


f0177489_16401968.jpg


f0177489_16402994.jpg


f0177489_16403948.jpg
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-16 16:44 | EuroAdriansea -2010-

マテーラ -Matera-

6/8 Tuesday

バーリからローカルな私鉄で約1時間半。

世界遺産の街マテーラに到着。

ここは9年前にイタリアを旅した時に一番よかった思い出があった場所で

もう一度行きたいとずっと思っててついに行っちゃいました。

なかなか来づらい場所だったからね。

ここは『サッシ』と言われる洞窟住居がそのまま保存されている地区があって

そこが世界遺産に登録されているんだけどこれがほんとに美しい。

2度目なので9年前ほどの感動ではないけどやっぱり美しい!!

同じくバーリから日帰りで行ける世界遺産として"アルベロベッロ"があるんだけど

そっちももちろんいいんだけど、比較すると断然こっちの方がスゴイと思う。

どうしても見た目が映えるアルベロの方にみんな行っちゃうんだけどこっちもぜひ行って欲しい所。

マテーラの駅を降りた所でバーリから日帰りで来てたJapaneseがいてたので話してたんだけど

昨日アルベロ行ったけど「断然こっちの方が良い」と。

まあ実際来てみたら納得だと思う。人によるだろけどね。

f0177489_14592584.jpg
世界遺産のサッシ地区


f0177489_1459364.jpg


f0177489_14594742.jpg


f0177489_14595652.jpg


f0177489_15085.jpg


f0177489_1501960.jpg


f0177489_1502953.jpg


f0177489_1503964.jpg


f0177489_1504945.jpg


f0177489_1505949.jpg
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-16 15:02 | EuroAdriansea -2010-

Dubrovnik to Bari

6/7 Monday

ドブロブニク、そしてクロアチアでの約1週間の滞在を終えて

23:00発の夜行の船でイタリアのバーリへ渡る。

個室のキャビンじゃなく一番安価なデッキにしたので寝場所を確保できるか

どうか不安だったけど早々に入船して何とかソファーを確保。

しかし、これはイタリア行きの船だったのを忘れてた。

お喋り好きのイタリア人。人が隣で寝ていようとそんなものは関係ない!

一応3~4時間くらいは眠れたのでよかったけど、朝4時半頃に怒鳴りあうような大声で起こされる。

全くもって意味不明。。。

彼らを朝の東京メトロに送り込んだらどうなるんだろう・・・

朝8時頃、南イタリア バーリの港に到着。

f0177489_2164917.jpg
イタリア行きのフェリー。


f0177489_2171296.jpg
ソファー確保。これだと横になれる!!


f0177489_217293.jpg
夜のデッキ。


f0177489_2174251.jpg


f0177489_2175556.jpg
サンライズ。


f0177489_2181014.jpg


f0177489_2182482.jpg
バーリ到着。
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-15 21:20

Villa Micika

ドブロブニクではラパッド地区にあるSOBE「Villa Micika」に宿泊。

クロアチアの安宿はSOBE(プライベートルーム)滞在が主流。

SOBEにも色々あって、ホテル並みのもあればほんとに民家の空き部屋1室を貸す的なものまで。

ここは3つ星のSOBEでホテルとまではいかないまでもペンション的な感じで十分な快適性!

真横にスーパーがあって、旧市街へ行くバス停も近く、

ビーチまでの通りはレストラン&カフェがあるのでかなりよいロケーション。

ここでもチェックイン時にちょっと問題発生。

予約時に指定してた部屋と違う部屋に最初入れられる。

本館横の別館の方で部屋的には逆にこっちの方が広くて綺麗だったんだけど、

少し離れてるのでWIFIに接続できない。。。

部屋はいいけど自分的にはこれでは困るので代えてくれ言う。

最初換えたくなさそうだったけど、粘ってたら換えてくれた。

つーか、最初から部屋指定してるのにちゃんとしろ!まあ欧州なんてこんなもんだ。

Villa Micika

f0177489_1844313.jpg


f0177489_18441693.jpg


f0177489_18442881.jpg


f0177489_18444023.jpg


f0177489_18445191.jpg
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-15 18:45 | EuroAdriansea -2010-

ラパッドで滞在 -Stay in Lapad-

ドブロブニクでの滞在は旧市街から数キロ離れたラパッド地区で。

あまり綺麗ではないけどビーチもすぐ傍にあって、

旅行者がリゾート的な滞在をできる要素が満載の地区。

旧市街までも6番のバス1本で行けて問題なし。

f0177489_1822269.jpg


f0177489_1823913.jpg


f0177489_1825178.jpg


f0177489_183526.jpg
ここでもパラチンケ。


f0177489_183184.jpg


f0177489_1835689.jpg



最終日の夜、お土産がいまいち良いのがなくあまり買わなかったのでクーナが余ってて

最後の晩餐で全部使い切ろうと思い、そこそこのランクのレストランにこの旅初めて入ってみる!

まあそこそこ美味しかったんだけど、最後に問題が。。。

欧州ではこのクラスのレストランになるとコペルトというテーブルチャージを勝手に取るんだな。

それを計算してなくて所持金より5クーナ足りない 044.gif

選択肢は3つ。(4つ。)

・ クレジットカードで払う。
・ 10ユーロ持ってるので残り5クーナをユーロで払う。
・ 5クーナまけてもらう。
・ (食い逃げする。)

単純に「5クーナ足りないから、お釣りをユーロで貰えるなら足りない分10ユーロで払えるけど?」

って聞いてみる。すると、「釣りはクーナでしか返せない。てめえクーナは必要ないのか?」と聞いてくる。

必要ないと答えると、しばしの沈黙後、最後に消化するのに晩餐に来たんだなと勘付いてくれたようで5クーナまけてくれた。

と、言うより勝手にコペルト取るな!!

f0177489_1841044.jpg
前菜


f0177489_184228.jpg
クロアチア最後の晩餐
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-15 18:15 | EuroAdriansea -2010-

ドブロブニク -Dubrovnik-

6/6 Sunday

世界遺産のドブロブニク旧市街を歩く。

ただでさえ観光客多いのに加えて日程的に日曜になっちゃったのでスゴイ人混み!

ここまでまばらだった日本人もここに来るとかなり多い。

照りつける日差しの中旧市街とそれを取り巻く城壁を歩く。

そして翌日は朝からスルジ山まで歩いて登って旧市街を見下ろす。

頑張って登ったわりには、、、ん~それほどでもない。。。

情報ではここから見下ろす旧市街が絶景との事だったけど、、、そうでもない。

もう少し旧市街を間近に見下ろせる高台の場所の方がよかったな。

そして歩いて登るのは無謀って情報もあったけど別にこういう旅をしてればこれぐらいは普通かな。

日程的に余裕なければ確かにタクシーで行った方がいいかもだけど、そこまでお金使って行く所でもないと感じた。

f0177489_16214846.jpg
スルジ山から見下ろすドブロブニク旧市街


f0177489_1621599.jpg
ドブロブニク旧市街


f0177489_16221173.jpg


f0177489_16222414.jpg


f0177489_16223754.jpg


f0177489_16225025.jpg
美しい旧港


f0177489_1623271.jpg


f0177489_16231416.jpg


f0177489_16232895.jpg
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-15 16:24 | EuroAdriansea -2010-

モスタル to ドブロブニク

モスタルでの短い観光を終えていよいよクロアチアの最後の目的地ドブロブニクへ。

満員のバスでドブロブニクまで約2時間半。

やっぱバスはあんまし好きじゃない。。。

来た時とは別のルートで今度は平坦な道。

再度クロアチア入国後何かスゴイ平原を通る。

f0177489_056319.jpg


f0177489_057193.jpg



アドリア海岸に再び出てまた数キロボスニア領に入るので再度入国&出国。

f0177489_0573213.jpg


f0177489_058230.jpg


f0177489_0583136.jpg



そしてドブロブニク到着。

f0177489_059245.jpg



f0177489_0593345.jpg
噂に聞いてたSOBE(プライベートルーム)の客引きがバスを降りる前から群がってる。
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-08 01:01 | EuroAdriansea -2010-

モスタル -Mostar-

ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタル到着。

で、到着は到着なんだけど実際に到着するはずのメインのバスターミナルじゃなく

ローカルな方のバス停で降ろされる。。。

ほんとはメインの行くはずなのにバスチェンジした時に勝手にローカルな行先に変更されてたんやな。

降ろされた場所わかんねーし、、、しかも道聞いても誰にも全くもって英語が通じず。

ここまで通じないのは初めてかも。

「Where is bus station?」が通じなかったらお終いだ。

クロアチア語の言い方でも聞いてみたけど通じない。

まあ何となくの方向はわかってたので歩いてたら「Autobuse Stacione」

だったか何かの看板が出てきたのでこれがバスターミナルだとすぐわかる。

イヤイヤ、英語の「Bus Station」とちょっと語源変わってるだけで大して変わんないじゃん。

何でわかってもらえないんだろ?!

っつー事で、問題なくバス停に荷物を預けボスニアの通貨40KM(約2200円)だけ下ろし

バスの切符(27KM)だけ買っておき残りの13KMを手にモスタル旧市街へ。

次のドブロブニク行きのバスが12:30発なので約2時間のタイムリミットだったけど見所は狭いので余裕で周れた。

モスタルは紛争が行われていた頃その真っ只中にあった町。

町を左右に分けるように流れる美しいネレトヴァ川にかかる橋”スタリーモスト”を境に

左岸側と右岸側に分かれて町を2分する紛争が行われていたらしい。

こうしてこのような内戦を忘れないためにも、その後の修復で国際協力が迅速に成され橋が復活した

こと、そして平和を忘れないためにこのモスタルに架かる橋が世界遺産に登録。

基本的に世界遺産に登録される場合、この条件では登録対象にはならないみたいだけど

しかしここをどうしても守らなければいけないという場合のみ条件的に世界遺産に登録される事もあ

るみたいで、日本にもこのタイプの世界遺産が一つ存在してて、だいたいわかると思うけど広島にあ
る原爆ドームがそう。

ボスニアヘルツェゴビナと聞くと日本人的には治安は大丈夫か?

となるけどここは全く大丈夫。というか完全に観光地だった。

f0177489_0174880.jpg
スタリーモスト


f0177489_0181829.jpg


f0177489_0184944.jpg


f0177489_0192543.jpg


f0177489_0195687.jpg


f0177489_0203110.jpg


f0177489_021272.jpg


f0177489_021326.jpg


f0177489_022212.jpg
飛び込みのパフォーマンス。


f0177489_0224284.jpg
何かこの味美味しかった。レモンっぽい味。
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-06-08 00:24 | EuroAdriansea -2010-