ACL 第1節 vs 水原三星

AFC Champions League Group G 1st match

水原三星 vs ガンバ大阪
Suwon Samsung Bluewings vs Gamba Osaka

in Suwon World Cup Stadium

スタメン
GK 藤ヶ谷
DF 加地 中澤 高木 安田
MF 明神 遠藤 橋本 二川
FW ルーカス 平井

Sub 河田 菅沼 下平 武井 佐々木 宇佐美 チョジェジン

欠場 山口 ペドロ

今シーズンの初戦、韓国の実績No.1クラブ水原とのアウェイ戦。

立ち上がりスタジアムの雰囲気そのままに水原ペース。

ガンバを上回るボール支配と技術の高さで押し込まれなかなかセカンドボールを拾えない。

チャンスを作られるも決定的な所までは許さない中、

逆にガンバは期待される平井のスピードを武器にカウンターをしかけ

平井が立て続けに決定機を迎えるが決める事はできず!!

しっかり凌いだ後の前半終盤あたりから徐々にガンバが本領を発揮し

中盤を制圧し始める。こうなればガンバペース。

中澤が負傷で菅沼が初出場、安定感を出せるわけがないが周りのサポートもあり無難に前半を終える。

後半立ち上がりももう一度水原が迫力ある攻撃をしかけピンチを迎えるが何とか凌いだ。

そしてその後は完全にガンバペース、中盤を制圧し完全にゲームをコントロールし

どんどんチャンスを作り出す中、橋本の頭脳的な飛び出しから立て続けに決定機を迎えるが

1つ目はポスト、2つ目は完全にGKと1vs1になり浮かせたが枠を外してしまい得点ならず。

これは決めなければ・・・

その後も平井が持ち味の開いて受ける飛び出しでチャンスを作るがフィニッシュが決まらない。

宇佐美&ジェジン投入で一気に決めにかかり、その2人でそのまま決定機を作るが

ジェジンの落としに宇佐美のボレーは相手のDFに合い僅かにバーの上。

どうしても最後を決められない。

残り約10分で明神が競り合いの中で負傷。交代を使い切っているガンバは10人でプレーせざるをえない状況。

このまま11人で出来れば最後勝負を決められるチャンスを感じていただけにアンラッキーだったが

その後の1人多い水原の猛攻をしっかり凌いでアウェイで強い水原相手にドロー。


0 vs 0 ドロー。


決めるところを決めれば勝てただけに完全に満足ではないが、

後半の戦いは今シーズンもガンバらしい面白いサッカーが見られると確信させる可能性ある戦い。

主力を欠く中で若い平井・菅沼・宇佐美らが可能性を感じさせるプレーを見せた。

引き分けながらエキサイティングなゲームを見せた選手をガンバサポが拍手で迎える。

f0177489_21521726.jpg


f0177489_21523741.jpg


f0177489_21532377.jpg


f0177489_2154295.jpg


f0177489_2155454.jpg


f0177489_21553818.jpg


f0177489_21555317.jpg


f0177489_21562988.jpg
[PR]
by gamlastan1980 | 2010-02-25 21:58 | Football !!


<< Doulos Hotel Suwon >>