挑戦。 vs 鹿島アントラーズ

2009 J1リーグ 第33節 vs 鹿島アントラーズ
11/28(土) in カシマスタジアム

勝ち点差3で首位鹿島との直接対決。夏場の厳しい状況下、全く見えなかった鹿の姿をついに目の前まで捕え勝てば順位を逆転できるシビれる戦いへの挑戦権を自ら勝ち取り敵地カシマスタジアムでの最後の挑戦。

スタメン
GK 藤ヶ谷
DF 加地 中澤 山口 高木
MF 明神 遠藤 佐々木 二川
FW ルーカス ペドロ・ジュニオール

控え 松代 下平 安田 武井 山崎 播戸 チョジェジン

怪我の加地・中沢・山口もこの一戦に全員強硬出場で前節とスタメン変更なし。下平がベンチに復帰。

序盤完全に鹿島ペース。
ピッチを広く使いさすがの強さを見せつけガンバに全くボールをキープさせない。
防戦一方だが、自分がガンバの試合に限らず長らくサッカーを見ている経験からしてこういう防戦一方の展開を凌ぎ切る事が出来れば何故か劣勢だったチームがその後一気に形勢を逆転して優位に立つという試合を何度も見てきたが、前半30分過ぎのペドロの突破から得た遠藤のFKのチャンスを境にそれが現実のものとなる。
FKは外れたもののこれでペースを掴んだガンバは”ガンバのサッカー”を取り戻す。
だが、鹿島も回される時間が長く放ったものの持ち前の分厚い守りでシュートチャンスは作らせずスコアレスで後半へ。
後半も序盤からガンバがペースを掴み可能性を感じる時間が続く。
しかし、心配されたペドロの負の部分を鹿島が見逃さない。
中途半端なボールロストから一気にカウンターを喰らい、万全ではなく踏ん張りが利かない中澤が興梠の切れに対応仕切れず痛い先制点を許す。
勝つしかないガンバは当然ここから2点を取って逆転するしかないわけでこの瞬間全員の気持ちがが前掛かりに、、、
そこを見逃さない鹿島は2分後にマルキーニョスが中央でどフリーに、シュートは藤ヶ谷がブロックしたがクリアしきれずに野沢にループを決められ2点差。
それでもガンバもその2分後ペドロの折り返しを二川がしっかり決めて1点差で粘る。
だが鹿島がすぐさま追加点で拮抗した中での効率の良さを見せつける。
逆転に向けて安田とジェジン投入。高木を絞らせて3バックで安田を左に。
その安田が久々にらしさを見せる突破から何度か決定機を作るが鹿島の分厚い守りを破り切れない。
残り時間が少なくなりDFの枚数を削り、最後は山口と高木の2バックであくまでも逆転を狙うガンバに対し当然の如く空く裏のスペースを鹿島に突かれて追加点を与えタイムアップ。

1vs5 敗戦。

2009年ガンバのリーグ制覇への挑戦は終了。
結果的に大敗ながら玉砕覚悟であくまでも逆転を狙い攻撃に出たガンバのスタイルにガンバサポが拍手で出迎える。
川崎勝利と浦和の敗戦でリーグ戦3位が確定。来年のACL出場権を獲得
優勝には届かなかったが苦しい時期を乗り越え強さを取り戻したガンバがまた来年の大きなステージへの挑戦権をしっかり獲得 072.gif
播戸とおそらく松代のガンバ最終戦となる万博でのリーグ最終節を挟み、天皇杯で再度鹿島に挑戦する!!
[PR]
by gamlastan1980 | 2009-11-28 22:58 | Football !!


<< Siem Reap -シェムリ... トンレサップ湖 >>